ソーラーパネルの種類

ここでは分かりやすく簡単にソーラーパネルの説明をさせていただきます。

今現在多くの種類の太陽電池がありますが、私が考えるに今現在は3種類に分けることができます。

1 単結晶シリコン

2 多結晶シリコン

3 アモルファス (薄膜系シリコン)

 

単結晶

昔からあるタイプで信頼性にもっともすぐれています。 

長年使用されているのだけあり破損、劣化も少なく長年使用可能となります。

特徴は変換効率(発電能力)が高く、信頼性が高いのです。 太陽下でないと発電しません。

変換効率=◎ 信頼性=◎ コスト=× 室内発電=×

 

多結晶

最近、大量生産向けに作られているパネルです。 

信頼性もそこそこあり、劣化も少ないのが特徴です。 大量生産により価格が抑えれますが

それなりの設備が必要となります。 こちらも同じく太陽下でないとその能力を出せません。

変換効率=○ 信頼性=○ コスト=△(大量生産により○になる。)  室内発電=×

 

アモルファス

1970年代にアメリカで開発され、日本では1980年代より使用されはじめました。

よく電卓に太陽電池がつかわれていますが、そのパネルとなります。 薄膜のために変換効率が

悪いのですが、特徴として蛍光灯下でも変換が可能となります。 

変換効率=△ 信頼性=△ コスト=○(大量生産により◎になる。)  室内発電=○

 

サンプルの購入はこちらよりお願い致します。

WING SOLAR